銀行カードローン審査で少しでも通過率を上げる方法

口座を持ってる銀行のカードローンの方が審査で有利?

銀行カードローンの審査を受ける時に、口座を持っている方が有利になるかどうかは、普段利用しているかどうかに左右されます。日常的に利用していて、定期的に給料などが振り込まれる口座を持っていれば、安定した収入があるかが一目瞭然で、審査がスムーズに進みます。

普段利用していない口座の場合でも、口座を開く時に本人確認書類を提出しているはずですし、口座がなければカードローンを利用できない銀行もあります。

5年や10年などの長期間利用しないで休眠口座になっていないのなら、普段利用していない口座でも、口座のない銀行にカードローンを申請するよりは審査に有利です。

いずれ利用するのなら引越し前にカードローンを申し込んでおいた方が良い?

いずれは利用するだろうと考え、引っ越し前にカードローンの審査申し込みを行っておくという方法は、実家暮らし以外の方には不利な条件を生んでしまいます。

そもそも、カードローンの審査内容には、居住形態や居住年数といった項目があり、家族がいて居住年数が長い方が審査には有利です。

しかし、問題は引っ越し先が賃貸物件である場合、賃貸契約の保証人が不要なプランを選択してしまうと、カードローンでの融資限度額が影響してしまい、物件の賃貸審査が厳しくなります。

そもそも、カードローンの保証業務を請け負っている会社は、賃貸物件の保証業務を請け負っているケースが多く、カードローンでの融資限度額が高ければ、リスク回避として融資限度額の引き下げを行います。

また、カードローンの契約から1年以上期間が開いている場合、住所変更時に再審査が行われる可能性が高いため、注意が必要であり、同じ保証会社であった場合は注意が必要になります。

一人暮らしをする前、実家にいるときにカードローンを作っておいた方が良い?

カードローンの契約を検討されている方で、一人暮らしをこれから検討している場合は実家に住んでいるうちに審査申込を行った方が良いです。そもそも、賃貸物件を借りる際、家賃の支払遅延や滞納といった場合、保証人が必要となりますが、保証会社を利用する方法もあります。

しかし、保証会社を利用した場合、無担保・保証人無しのローン商材を取り扱っている保証会社とバッティングする可能性があり、保証を受けていない時点でカードローンを契約した方が審査通過率が上がります。

その理由は、一人暮らしを始めた後にカードローンを申し込んだ場合、収入が分かること、居住形態や居住年数、それだけでなく家賃まで把握されてしまいます。結果、スコアリングによる判定や担当者のチェックが厳しくなり、返済能力の判断に大きく影響します。

つまり、どれだけの可処分所得が契約者にあるかを分かるため、融資限度額が下がることとなります。