カードローンは消費者金融と銀行カードローンどちらが通りやすいと言われてる?その理由は?

カードローンの審査において、消費者金融と銀行のどちらが通り易いかというと、消費者金融であり理由は金利にあります。そもそも、無担保・保証人無しのカードローンを契約する際、保証会社の審査が行われ、保証を受けられることが必須になります。 この保証会社には、銀行が保証料を金利の一部から支払っており、保証業務は消費者金融が行っているケースが非常に多くなっています。 つまり、消費者金融にとって銀行のカードローンでは、収益の一部だけが分配されるということとなるため、自社のカードローンを提供する方が収益が見込めます。 また、保証と行うことは万が一に備える必要があり、債務整理が増加した際は保証業務自体による経営圧迫の危険性が高まります。そのため、消費者金融にとっては自社の審査を通り易くし、銀行のカードローンにおいて保証業務の審査を厳しくする方がメリットが高くなります。

消費者金融より銀行カードローンから申し込んだ方がいい理由は?

銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借り入れをすることができます。また金利も消費者金融よりも低いので返済のときに返済額が消費者金融で借り入れをしたときよりも少なくなるので楽です。 銀行カードローンは審査が厳しいと言われているので審査に通る自信がないからといって申し込みをしないというのはもったいないです。銀行も大手銀行から地方銀行、ネット銀行、流通系銀行とたくさんあります。当然審査の基準も異なります。 様々な銀行カードローンを検討してみてください。

銀行カードローンの保証会社とは何をするところ?

銀行カードローンを契約する際、契約条件として『保証会社の保証を受けられる方』といった記載がありますが、実際に保証会社とはどんなことを行うのか気になる筈です。基本的に保証会社の行うことは、『保証』であり多くに方が契約する『保険』と似たサービスとなります。 つまり、契約者が何らかの理由により、『支払不能になった』または『延滞が続く』といった場合、銀行へ借り入れ金額を返済し、契約者へ債権回収を行うこととなります。 保証会社が行うことは、カードローンの審査および保証業務までであり、債権回収については登録業者へ依頼を行います。結論から言うと、『銀行の保険会社』ということが一番認識し易いものとなり、カードローンを契約する際には保証会社の審査結果が大きく影響します。

銀行カードローンの審査は保証会社のみ通ればいいのか?

銀行カードローンの審査については、保証会社のみ通ればいいのかと銀行の審査も通過する必要があります。基本的には、銀行の審査が行われ、保証会社が最終的に保証業務を引き受けるかどうかの判断を行うという2段構えの審査になります。 そもそも、何故このような審査が行われるかというと、返済滞納や債務整理といった問題が影響しています。銀行にとっては、返済が滞納されると督促を行うこととなり、改善されない場合は債権回収の必要性が生じてしまいます。 そこで保証会社が債権を引き受けるといった方法により、銀行は被害を最小限に留め、保証会社が債権回収を行い利益を得ようとします。ただし、結果として多額の債権回収は債務整理実施に結びつき、債権回収を断念する必要があります。 そのため、保証会社はリスクを含めた上で保証料を受け取り、保証業務を行っており、審査を行いリスク低減に努めます。実際には、銀行側も可能な限りリスク低減のため、申込時に審査を行っており、より確実性の高い融資を行っています。

保証会社で過去借入があっても審査に通る?

無担保かつ保証人なしの銀行カードローンを契約する際、保証会社の審査を通過する必要があり、保証会社の中には消費者金融や信販会社の名前を多く見掛けます。 そのため、過去に保証会社が提供するカードローンで借り入れを行っていた場合、審査に影響がないか心配しますが、支払遅延や延滞、代理弁済を行っていない限り安心して大丈夫です。 そもそも、消費者金融や信販会社が保証業務の委託を受けていたとしても、保証会社からの借り入れを完済していれば、過去の取引履歴が審査通過率をアップします。 ただし、基本的には事故履歴が残っている場合については、保証会社のデータベースに事故情報が残るため、審査が通過しない可能性は高くなります。結論としては、保証会社に迷惑を掛けたことが無い場合だけが審査が通過し易くなります。